ブログトップ

DAY BY DAY

takechi59.exblog.jp

my life

My bicycle 「宝の持ち腐れ」 Useless treasure!

カンパニョーロ(Campagnolo s.r.l. )は、トゥーリョ・カンパニョーロ(Tullio Campagnolo , 1901年8月26日 - 1983年2月1日)が創業したイタリアの自転車部品専業メーカーであり、ロードレーサー用の部品においては日本のシマノ、アメリカのSRAMとともに市場を寡占している大手である。
歴史
トゥーリョは自転車の競技者であったが、実家であるカンパニョーロ家は作業場を持つ金物屋であった。そこで彼は自分の経験を生かし、自転車の部品の製造を開始する。これがカンパニョーロ社の創業の経緯である。

ドロミテにあるオーネクロス峠のレースでの苦い経験から、レバー一つ捻るだけで車輪の着脱が出来るクイック・レリーズ・システム、通称「クイック」を発明した(従来はハブボルトにネジを切り、フォークに蝶ナットで留めていたのだが、峠で付着した泥が凍りつき、かじかんだ手ではナットが回らず、パンク修理をしようにも車輪が外せず、トゥーリョはレースをリタイアした)。

社章は、クイックレバー付きの、翼が生えた車輪が盾の中に描かれたもの。「クイック」は現在ではスポーツ用自転車(特にロード用)には不可欠の装備となっている。またこの経験をしたオーネクロス峠の名は、のちにパーツセット「クローチェ・ダウネ(ドーネ)」に冠された。

1950年代末から乗用車用やオートバイ用マグネシウム合金ホイールも製造していた。ホイール製造部門はその後テクノマグネシオという子会社に分離し、現在はMIM Wheelsのブランドとして存続。

1989年~1992年にはマウンテンバイクのコンポーネントにも参入したが、市場に食い込むことができずに撤退している。

1990年代には日本の株式会社シマノがブレーキレバーとシフトレバーを一体化したSTIシステムを投入したが、カンパニョーロ社も「エルゴ・パワー」なるシステムを開発してこれに追随した。

2008年には翌年からラインナップを一新し11速を上位モデルに採用する事を発表し、2008年のツール・ド・フランスでは機材を供給しているチームの一部選手が使用した。 台湾に自社工場を設立。コストダウンを図る。



e0203309_22535562.jpg

東大阪の石橋氏の所有の自転車を譲っていただいたのが、18年前。その後唯一の遠出は大谷池、七折峠を超えて砥部まで往復したのが、2度。2度目の帰路で転倒し自転車の怖さを知る。
なんとか、自転車を活用しなくてはと、トレーニングマシーンを購入するも、しばらく乗っていなくてクモの巣が張り、タイヤの空気も3気圧以下に減ってしまっていたので、近所の自転車屋さんに空気を入れてもらいに。
トレーニングマシーンは、オランダ製のツール・ド・フランスのシミュレーションマシーン!ツールの全工程をモニターに映し、10段階の油圧レバーを調整し練習できるというシロモノ。モニターは揃えていないが、人間わざではできないレース、いくらシミュレーションとはいえ、私には無理な機械である。ときおり思い出したように15分ほど扱ぐのが精一杯!
フレーム MAGI
ブレーキ ヘッドセットCAMPAGNOLO
フロント・リヤディレーラー CAMPAGNOLO
Fハブ Rハブ クランクセット CAMPAGNOLO


e0203309_22584384.jpg

Training machine :Tacx(タックス) SATORI サトリ
プロツアーチームのために作られた、スーパーパワートレーナーSATORI。今期より本体カラーがブルーになり登場。床面にしっかりと固定されるエルゴノミックフレーム。ブレーキ機構は125mmフライホイールとマグネット式パワフルブレーキを併用することにより確実、かつ明確な付加調整が行え、実走感に近いトレーニングが可能。マグネット式ローラーユニットを使用することにより、トラブルを起こし難く安心してご使用いただけます。付加調整は手元のレバーで10段階調整でき、ローラーユニットは簡単なレバー操作だけでタイヤへ圧着可能。SATORI専用設計のフロントホイールサポートが付属。トレーナー収納時にフロントホイールサポートは持ち運び用の持ち手になるユニークデザイン。ローラー部にはステンレスを巻きつけたソフトラバープラスチック製のSoft Gelローラーを使用しているため、静音声に優れています。 
フレームカラー ブルー/グレー使用可能タイヤ径 610 mm ~ 720 mm付加調整レバークランプ径 25.4 mm ~ 31.8 mm付属 専用フロントホイールサポート

e0203309_22544528.jpg
e0203309_2255320.jpg

e0203309_22592932.jpg


Today's CD
ベルリオーズ:幻想交響曲シャルル・ミュンシュ
e0203309_23361079.jpg

内容紹介
1967年、フランス文化相アンドレ・マルローの提唱により創設されたパリ管弦楽団は「諸外国にパリおよびフランスの音楽的威信を輝かすこと」を使命とされた、まさにフランスが世界に誇ることを目指したオーケストラでした。その初代音楽監督に選ばれたのが、70歳を越えたフランスを代表する指揮者、シャルル・ミュンシュ。この『幻想交響曲』はミュンシュが最も得意とした曲のひとつであり、パリ管弦楽団の記念すべき最初の演奏会での演目。熱のこもった力溢れる名演です。110年の歴史を持つEMIレーベルの中でも名盤の誉れ高い1作で、100枚の名盤が集結するこのシリーズの冒頭を飾るに相応しい20世紀の記録といえるでしょう。
●レコード芸術推薦盤。68年度レコード・アカデミー賞受賞。
●録音:1967-10
[PR]
by takechihome | 2011-06-03 23:36