ブログトップ

DAY BY DAY

takechi59.exblog.jp

my life

<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0203309_23203035.jpg

旅館の改修工事現場で、Xray撮影 鉄筋がダブルで入っているのがよくわかる。なかなか思い通りのところにコア抜きするのも、ままならない。コア抜きで要注意は、防災系、主電源系統の埋設線を抜かないこと!




e0203309_23294697.jpg

Pat Martino
BiographyMartino was born Pat Azzara in South Philadelphia. He began playing professionally at age 15. Martino played and recorded early in his career with musicians such as Willis Jackson and Eric Kloss. He also worked with many jazz organists, such as Charles Earland, Jack McDuff, Trudy Pitts, Jimmy Smith, Gene Ludwig, Don Patterson, Richard "Groove" Holmes. Throughout the 1960s and 1970s, Martino made many recordings as a sideman and also under his own name.

In 1980, Martino underwent surgery as the result of a nearly fatal brain aneurysm. The surgery left him with amnesia, leaving him, among other things, without any memory of the guitar and his musical career. With the help of friends, computers, and his old recordings, Martino made a recovery [1], and learned to play the guitar again.

His improvisation method, "Conversion to Minor", is often mistakenly thought to be based upon using exclusively minor systems for soloing. In fact, the system involves conceptualising chord progressions in terms of the relative minor chord/scale, but in practice this seems to be more a way for organising the fretboard, rather than justifying playing certain tones in terms of whether they are "correct" or not. Martino's lines contain chromatic notes outside any particular IIm7 chord that might be conceptualised over a chord progression; even in the examples he provides in his books and instructional videos. Indeed, on his bulletin board he has stated that he formulated the system more as a way to explain his playing, rather than as something to use to create music. In his own words, "although the analysis of some of my recorded solos have been referred to as modal, personally I’ve never operated in that way. I’ve always depended upon my own melodic instinct, instead of scale like formulas".
Martino's return to music started once again with the 1987 recording The Return. In 2006, Mobile Fidelity Sound Lab reissued Martino's album East! on Ultradisc UHR SACD. Martino tours worldwide. He was awarded 2004 Guitar Player of the Year, Downbeat Magazine's 2004 Reader's Poll.

Martino's new release "Live at Blues Alley" (on APM Records, executive producer Darryl J. Brodzinski) will be released on October 11, 2011.
Wikipedia

Today'sCD
We'll Be Together Again
深夜に聴く音楽を探している人にはお薦めである
e0203309_23345544.jpg

曲目リスト
1. Open Road: Olee/Variations and Song/Open Road
2. Lament
3. We'll Be Together Again
4. You Don't Know What Love Is
5. Dreamsville
6. Send In The Clowns
7. Willow Weep For Me
[PR]
by takechihome | 2011-08-10 23:39
e0203309_23231234.jpg

今年の日土小学校夏の建築学校は、参加者243名 全国からおそらくほとんどが県外の松村ファン

第一部の松隈洋氏と花田佳明氏の講演もそれぞれ切り口で、松村建築を追うも戦後のモダニズムの系譜のどこにも属さないモダニズムであると結論ずける。

その稀有的解釈が、なぜ発展をしなかったのか。

八幡浜市役所を退職してからの松村建築では日土を超える木造建築が見当たらない、いえかつて日本の建築界が,docomomoga認めた日土の発展系の学校が生まれなかった理由をむしろ追求することを、議論の対象とすべきであるようにも思う。
[PR]
by takechihome | 2011-08-10 00:03
e0203309_23223068.jpg
e0203309_23224458.jpg
e0203309_2323017.jpg

モーツァルトバイオリンとビオラの二重奏曲第一番 第二番 
アレッサンド・ロッラ協奏的二重奏曲から抜粋 
ハルボルセン作曲ヘンデルの主題によるパッサカリア
e0203309_23233481.jpg

焼き茄子と炭の香り 地鶏とバルサミコ
なめらかな南瓜のムースとフォアグラが最初に出ましたが撮るのを忘れていました。とても美味!
e0203309_23234386.jpg

とうもろこしのエキス北浦漁港の幸手長タコ 太刀魚 ヨリエビ
e0203309_23235477.jpg

つるむらさきで元気 あこうと冬瓜のスープ 柚子風味
e0203309_2324760.jpg

夏トマト 人参の極み 成熟のぶどう酒煮 愛媛牛ほほ肉
e0203309_23241960.jpg

ココナッツの香りと興居島マンゴープリンの夏景色


石田泰尚プロフィール
1991年
国立音楽大学入学。在学中よりソリスト、室内楽、主要オーケストラのゲストコンサートマスターとして各方面で活躍。
1995年
同大学を首席で卒業、同時に矢田部賞受賞。徳永二男氏と共演。読売新人演奏会に出演。
YAMATO弦楽四重奏団(94年結成)のメンバーとして、大曲(おおまがり)音楽祭グランプリ・松尾学術振興財団より特別奨励賞・大阪国際室内楽コンクールファイナリスト・FMリサイタル・新日鉄コンサート「プロミシング・アーティストシリーズ」等に出演。
1996年
22歳の若さで新星日本交響楽団副コンサートマスターに就任。2年後、同楽団のコンサートマスターに就任。
2000年
世界初録音となる山田耕筰の弦楽四重奏曲のCDをリリース。
中岡太志氏(ピアノ)、松原孝政氏(サックス)と共に“トリオ・リベルタ”を結成。ピアノ・ヴァイオリン・サキソフォーンというその新しいスタイルのピアソラ演奏は、クラシックの枠に留まらず「横濱JAZZプロムナード」への出演や「M’s(マサちゃんズ)」との共演など、ジャンルを越えて幅広い活動を展開している。
2001年
4月より神奈川フィルハーモニー管弦楽団ソロ・コンサートマスターに就任。
10月 故羽田健太郎氏(ピアノ)、村井将氏(チェロ)と“トリオ・アパッショナート”を結成。
2002年
神奈川フィル第184回定期演奏会でR.コルサコフ「シェエラザード」を演奏し、大好評を得る。
2003年
ソロ・デビュー・アルバム「情熱のヴァイオリン〜Violin Appassionato〜」をリリース。
2004年
神奈川フィル第212回定期演奏会でハチャトゥリアンのヴァイオリン協奏曲(指揮:現田茂夫)を演奏し大好評を得る。
2005年
2ndアルバム「Dolce Violin〜優美なるヴァイオリン」をリリース。
ピアニストの及川浩治氏、チェリストの石川祐支氏と“Bee(びぃー)”を結成。デビュー公演は満席、急遽追加公演が行われた。同年10月 兵庫芸術文化センターオープニングシリーズに出演。翌年より本格的に活動を開始し、全国各地で演奏。目でも耳でも楽しめる“トリオ・パフォーマンス”は、活動を広げ各方面から注目されている。
2006年
3rdアルバム「Pure Violin」をリリース。
東京オペラシティリサイタルシリーズ「B→C(バッハからコンテンポラリー)」に出演。
神奈川フィル第226回定期演奏会でフィリップ・グラスのヴァイオリン協奏曲(指揮:下野竜也)を演奏し、大好評を得る。
2007年
村井将氏(チェロ)、下森佳津美氏(ピアノ)らと「Hyper Classic」をリリース。
2008年
YAMATO弦楽四重奏団による、「弦楽四重奏のための日本民謡」がリリース。
7月、山本裕康氏(チェロ)とのDVD『Duo』が発売される。
10月、神奈川文化賞未来賞受賞。
2009年
「ブラームス/ヴァイオリンソナタ全曲集(2009年1月ライブ録音)」をリリース。
その他にもソリストとして、ラロ、ブルッフ、サン=サーンス、メンデルスゾーン、ハイドン、バッハ(2番)、モーツァルト(4番)、バーバー、ベートーヴェン、シューマン(以上ヴァイオリン協奏曲)、ブラームスの二重協奏曲、ヴィヴァルディ/四季、モーツァルト及びハイドンの協奏交響曲、ベートーヴェン三重協奏曲などを共演、いずれも好評を博す。
 
その豊かな音楽性は、「繊細で優美な音楽をさらにきめ細やかに表して、浄化された深い詩情が香り立つ魅惑的な演奏」(音楽の友)など、各方面から高く評価されている。
絶大なる人気を誇る、今最も注目されている若手音楽家の一人である。
 
使用楽器
Tononi(トノー二)1690年製


柳瀬省太プロフィール
1971年兵庫生まれ。5歳からヴァイオリンを、18歳でヴィオラを始める。店村眞積、岡田伸夫に師事。東京芸術大学音楽学部、桐朋学園ソリスト・ディプロマコースに学ぶ。96年、第52回ジュネーヴ国際音楽コンクールディプロマ賞。2002年、文化庁芸術家在外派遣研修員としてイタリアに留学。04年、シュトゥットガルト州立歌劇場管弦楽団に入団。サイトウ・キネン・フェスティバル松本等国内の主要音楽祭、マリオ・ブルネッロ主宰のオーケストラ・ダルキ・イタリアーナに参加。ストリング・クヮルテットARCOのメンバー。97年、01年、ヴィオラスペースに参加。第1回松方ホール音楽賞、大阪文化祭賞を受賞。トッパンホールには、トッパンホール・アンサンブル Vol.1、Vol.2への出演をはじめ、08年はグザヴィエ・ドゥ・メストレ(ハープ)と共演。

Today'sCD
Lucia Di Lammermoor
e0203309_071318.jpg

From Amazon.com
This Lucia was recorded in 1970, when Beverly Sills was at the peak of her vocal and dramatic powers. She had been singing the role of Lucia on stage for six years, and she knew the character. Here is a manic-depressive who is slightly crazy from the start, and Sills's embellishments to the vocal line (and there are tons of them; hardly a line is left as written), mostly composed especially for her, are always at the service of the drama. She is a far cry from the chirpy Pons and Peters (and even Sutherland, whose just-plain-singing of the role is unmatchable, but who was never all that interested in building character) and comes closer to Callas, but without the great Greek soprano's huge palette of colors or, for that matter, vocal limitations. Sills is gloriously fluent in the coloratura, the high notes are impeccable, and her reading of the words is truly involved and involving. Carlo Bergonzi has everything as Edgardo, while Piero Cappuccilli's Enrico is snarling and cruel. Schippers leads a very tight, exciting, complete performance, and for the first (and only) time on CD, the glass harmonica Donizetti asked for is used in the Mad Scene. This is a must for lovers of great singing. --Robert Levine
[PR]
by takechihome | 2011-08-05 23:54