人気ブログランキング |
ブログトップ

DAY BY DAY

takechi59.exblog.jp

my life

Pieter Bruegel de Oude

美術史美術館(びじゅつしびじゅつかん、Kunsthistorisches Museum, Wien)は、ウィーンにある美術館である。自然史博物館と対になるものとして建てられ、1891年開館。現在は組織上ウィーン大学の一部局である。

オーストリア、ドイツ、スペイン、イタリア、ベルギー、オランダの各地ハプスブルク家の領土を中心に生み出された400年間に亘る美術コレクションを中心とする美術館で、1891年、一般公開された。古代から19世紀に至るヨーロッパ各地の美術品を収蔵している。なかでもピーテル・ブリューゲルの作品数は世界最大を誇り、『雪中の狩人』『農民の踊り』『子どもの遊戯』など、美術全集でおなじみの傑作が1室に集められている。また、ハプスブルク家の人物の肖像画なども多数収められている。

Pieter Bruegel de Oude_e0203309_1242396.jpg

ピーテル・ブリューゲル(Pieter Bruegel de Oude, 1525/30年 - 1569年9月9日)は、16世紀のフランドルの画家
Pieter Bruegel de Oude_e0203309_12443292.jpg

Pieter Bruegel de Oude_e0203309_12463491.jpg

Pieter Bruegel de Oude_e0203309_1244556.jpg

Pieter Bruegel de Oude_e0203309_1245238.jpg

Pieter Bruegel de Oude_e0203309_1259734.jpg

Pieter Bruegel de Oude_e0203309_12455671.jpg

人物
『農民の踊り』、『子どもの遊戯』、『雪中の狩人』などの風俗画で有名な画家であるが、生年は(1525年から1530年の間と推定されているが)不明である。生地についてもブラバント公国のブレダとする説もあるが、確かなことはわかっていない。

同名の長男と区別するため「ブリューゲル(父、または老)」と表記されることが多い。

同名の長男は地獄の絵を描いたということで「地獄のブリューゲル」と通称される画家で、父の模作を多く作った。二男のヤンは静物画、特に花の絵を得意として「花のブリューゲル」と通称されている。ブリューゲル一族は他にも多くの画家を輩出している。もっとも、父ブリューゲルが没した時、長男は5歳、二男は1歳であって、父から直接絵画の手ほどきを受けたわけではない。

来歴
(以下の記述中の「ブリューゲル」はもっぱら父親のピーテル・ブリューゲルを指す)

ブリューゲルの名が、アントウェルペンの聖ルカ組合(画家組合)の一員として登場するのは1551年のことである。前述のとおり、それ以前のブリューゲルの経歴については、生年も含めてはっきりわかっていない。

1551年をあまり隔たらない時期にイタリアへ行き、1555年頃までにはアントウェルペンに戻っている。ブリューゲルの絵画はイタリア的というよりは北方的であるが、イタリア旅行の影響は、その後の作品の風景表現などに部分的に見られ、代表作『雪中の狩人』の風景には、イタリアへの往復で目にしたアルプスの風景が反映していると考えられている。

初期には先輩画家ヒエロニムス・ボスの影響の強い、寓話を題材にした絵画が多い。版画の下絵を主に描き、油彩に専念するようになるのは1560年前後からである。今日知られるブリューゲルの代表作は、この頃から、没年の1569年までの10年足らずの間に描かれている。1560年代初めには、「反逆天使の墜落」、「死の勝利」などの、ボスの作品を思わせる怪奇なものもあるが、後に農民の生活を主題とするようになった。1563年にはアントウェルペンからブリュッセルへ移り、結婚するが、1569年幼い息子2人(後に画家となる)を残し、30代末〜40代前半で没した。

農民画家ブリューゲル ブリューゲルは農民たちの生活を多く題材にしたことから、「農民画家ブリューゲル」とも呼ばれた。

画家自身、人文主義者とも交流のある教養人であり、この時代の絵画題材は農民を「無学で愚かな者」の象徴として描写されたものが多かったため、以前はブリューゲルの絵画もその例にならっただけであるとの説を採り、絵の中にキリスト教的な寓意を読み取ろうとする見方が多かった。

これに対し、森洋子や阿部謹也は、農作業に向かう娘たちの初々しい表情や、結婚式に集まる人々の歓喜の様子といった、彼らの生活の隅々にまで入り込み、「人間」としての農民たちの生き生きとして細を極める描写は、農民たちの側に立って、その心の奥まで知り尽くした者でなければ到底描け得ないものであり、こういった画一的な見方は当てはまらないとしている。

実際、ブリューゲルの作品は、驚くほど細かい細部まで丹念に描きこまれ、歴史資料、風俗史資料としても貴重な、多くの視覚情報を含んでいる。『子どもの遊戯』などはこの作品に登場する「遊び」の解説だけで1冊の本が出ているほど、興味の尽きない作品であるが、こういった例はブリューゲルの作品には珍しいことではない。

「股の間から景色を覗いて農村風景のスケッチをとる習慣があり、その姿勢の最中に死んだ」という民間伝承が残されており、阿部謹也は「それこそまさに“逆立ちした世界”を描き、農民との間に生きたブリューゲルにふさわしい最期だ」と評している。

by wikipedia
by takechihome | 2010-10-24 12:47