ブログトップ

DAY BY DAY

takechi59.exblog.jp

my life

残夢

e0203309_2084255.jpg

前回の講演の模様

19日中山フラワーハウスにて、2回目の残夢の公演に。子どもから大人に移り変わろうとする不安と期待、繊細な命の鼓動をパフォーマンスで子どもたちが表現。
音響、照明も本格的で、開場の設えも幻想的な森のイメージの環境、清らかなムードのなかに、森の精、まだ見ぬ不安とが入り混じり、すばらしい公演でした。クラシックバレーの基本もちゃんとできていて、松下ユリアさん自身イギリスでミュージカルを学んだ成果が生かされている。コスチュームも色使いも、オリジナリティーあるメルヘンのイメージが表現されている。

http://web.me.com/totori_cat/site/ZANMU2011.html

少女たちは未来へ還る
photography+visual art+performance →「残夢2011」詳細 →PV「小鳥と光」A LITTLE BIRD IN THE SUNLIGHT
♛ ポーランド・ケルツェ市市制1000年記念芸術祭 正式招待作品 ♛
写真+映像+パフォーマンス『残夢 2011』in Flower House, NAKAYAMA 
ZAIM横浜、そしてポーランドにて大好評を得た体験型エクシビションが進化しての待望の再演!! Place : なかやまフラワーハウス(伊予市中山町・花の森ホテル傍 (089)967-5020)
Date : 2011年3/19(土)

脚本/演出:松下ユリア 写真/振り付け:松下エリカ  

空間演出:遠山昇司 プロデュース:廣川彰見 振り付け:美馬佳代子  照明設計:松本永 演奏:金子敦子 音響:相原健二

出  演:清水香 木下菜月 得本萌 生田和望 弘田真由 池田はるか 大地彩加  對馬海人  橋本道 谷崎麻亜沙 魚住理子  檜垣祐香 沖咲良 木下流星【Toranoko Performing Arts Company】
主催:郷土愛媛と国際社会を考える会  共催:TORANOKO performing Arts company 残夢P+P実行委員会
後援:駐日ポーランド共和国大使館 駐日ザンビア共和国大使館 伊予市教育委員会 伊予市文化協会 山陽物産株式会社 GO4POLAND株式会社
協力:早稲田大学大学院国際情報通信研究科 ・安藤研究室


Today's CD
ビヨンド・スタンダード(初回限定盤)(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition]
上原ひろみ(2011年 [編集]日本時間2月14日(現地時間13日)に行われた「第53回グラミー賞」で、自身がバンドのメンバーとして参加したアルバムTHE STANLEY CLARKE BAND FEAT. HIROMIが第53回グラミー賞「Best Contemporary Jazz Album」を受賞した。)

e0203309_2031397.jpg

●チック・コリアとの「デュエット」が好調の人気ナンバー・ワン・ピアニスト、上原ひろみの最新
作が早くも到着。!
●昨年のHiromi's Sonicbloomの第2弾となる今作は待望の初のスタンダード作品。
●「キャラヴァン」「朝日の如くさわやかに」等のジャズ・スタンダードからジェフ・ベックの「レッ
ド・ブーツ」そして「上を向いて歩こう」、そしてひろみのオリジナルの名曲「XYZ」のセルフ・カヴ
ァー「XYG」までひろみならではの選曲となっている。 選曲もさることながら、アレンジ、グル
ープの演奏もさらにパワー・アップ。聴けば聴くほどクセになる内容、ただのスタンダードに終
わっていない。
●約2週間日本先行リリース、日本盤のみボーナス・トラック1曲、2007年12月国際フォーラムのライヴ「リターン・オブ・カンフー・ワールド・チャンピオン」を追加収録。
●初回生産限定盤にはDVD2曲2007年2月原宿クエスト・ホールの「タイム・ディファレンス」
「ディープ・イントゥ・ザ・ナイト」を収録。
[PR]
by takechihome | 2011-03-21 20:34